いぬのこころ

おとなもこどももどうぶつも。

交通事故で弁護士を依頼する。

まだ完全解決となっていないため、

身バレ予防のため、若干フェイクをいれつつ書く。

 

1年以上前になるが、出かけた先で交通事故にあった。

事故の内容はそれほど複雑ではないので大まかに書くと、

当事者は4人。車は3台。

一般道で玉突き事故。

私は真ん中で、後ろからがしゃんとやられて、その弾みで

私の車が前にちょこんと当たった。

それぞれ運転手が乗っていて、私の車には助手席に友人がいた。

過失割合としては、最後尾の車が100%で、あとは0%である。

 

前の車と運転手さんのことは、どうなったかわからないが、

警察にも届け、事故扱いとなり、最後尾の車はきちんと任意保険にも

入っていたので、処理されたであろう。

怪我はなかったと思われ、物損事故扱い程度だと思われる。

 

問題は、こちらの車と怪我の補償。

 

車は軽自動車で全損。

結構乗っていた車で、物損の補償金もかなりしぶられたが、

そこは簡単には納得せず、

さまざまな資料等をそろえ、まあシブシブ納得できる程度で決着した。

 

怪我の補償は、私も同乗者も入院はなかったものの通院を経て

症状固定とされ、後遺障害認定を依頼し、結果として14等級が認められた。

 

友人とは保険会社の取り扱い支店が違うため、

それぞれ別での交渉となった。

 

ここからは自分自身のことについてだ。

通院をほぼ週2程度。

3ヶ月くらいから症状固定ではないのか、

もうそろそろ通院はやめてもいいのではないのか、

普通はこれくらいで通院は終わりにしてもらっています。

と何度も何度も言われ、

 

普通はの普通は何でしょう。

病院の先生は治療継続といわれてますが。

 

といちいち説明をしつつ、いやな思いをしながら半年。

 

まあこの辺が潮時であろうと、病院の先生とも話し、

あとは後遺症認定を依頼するために診断書作成をお願いした。

知らないことはたくさんあるもので、この認定を受けるかどうかも

被害者が決めなくてはならず、さらに認定をうけるための診断書作成代も

まずは被害者が支払うものなのだ。

 

認定が認められれば、診断書代は保険会社から支払われるが、

認められない場合には、自腹で捨て金となってしまう・・・。

 

結果としては14等級という一番下ではあるが後遺症認定が認められ、

保険会社からの示談金の提示があった。

 

もともと、こういった交渉事を仕事にしていたこともあるので、

交渉の資料を集めるというのは全く苦にならないのだが、

交通事故の交渉をしなくてはならない状況に初めて直面して、

事故の賠償には、自賠責ベース、任意保険ベース、弁護士ベースと

3つの基準があることや、その基準によって賠償額が大きく違うことなど

いろいろ勉強になった。

 

保険会社は、任意保険ベースでの賠償額を支払うのが当たり前だと思うが、

実際には、自賠責での計算をして、当然のように金額の提示をしてくる。

 

きちんとした保険会社さんが提示する金額なんだから、

これで間違っているわけないよね。と示談に応じてしまう人も多いだろう。

 

しかし、一旦示談金の提示があったら、弁護士に相談してみることをお勧めする。

最近は弁護士相談もハードルが下がっていて、

市町村単位や、県単位での無料相談日が設けられていたり、

弁護士会が開設する相談窓口があったりと、相談だけならば無料や格安で受けられる。

 

特に後遺症の認定が受けられたのであれば、間違いなく弁護士を使ったほうが

示談金は増額されるはずである。

先に書いた弁護士ベースの金額が適用されるからである。

 

私自身のことに戻るが、

 

総額のみでいえば、

最初の提示(弁護士を入れていない状況) 170万

弁護士依頼後              300万

 

といった具合であった。

弁護士費用としての支払いが40万くらいあるので、こちらが受け取る金額としては

260万程度となるが、それでも保険会社の最初の提示額から90万ほどの増額。

依頼して損はなかった。

 

さて、そうなればよいことばかりか。

メリットやデメリットを整理すると、

 

メリット

・ほぼ間違いなく増額されること

・自分で交渉しなくてはならないというストレスがないこと

 

デメリット

・どの弁護士に依頼すればよいかわからない

・弁護士に依頼するなんて大変そう

・弁護士費用がバカに高い

・裁判になったらどうするの

 

たぶんデメリットは弁護士選びや費用になるのかと思うが、

簡単にいえば交通事故交渉って弁護士にとってはそれほど大変な仕事ではなく、

ある程度マニュアル的に交渉が進められるそれほど難しくない案件なのだと思う。

 

確かに被害者がいて、加害者がいてという構図はあるが、

被害・加害の関係性ははっきりしているし、被害の内容もわかりやすい。

離婚や家族問題のような人情話じゃないぶん、感情移入する部分も少ない。

 

弁護士の多くは、保険会社が提示してきた金額よりも増額できなければ

弁護士費用は払わなくて良い、または損をしないような交渉をすることを

契約書で約束している場合が多い。

 

軽微な事故の場合には、弁護士を依頼するメリットはあまりないかもしれないが、

通院が続いたり、後遺障害認定が受けられるような場合には、

是非弁護士を検討してみたほうがいいと思う。

 

自分の体験から、そう感じた。

 

そして現状であるが・・。

正直なところ、やはり後遺障害が認められるくらいのダメージは

今でも残っていて、

日常生活にそれほど影響はないものの、足のしびれや腰の痛みは残っている。

あとは支払われた賠償金でウハウハというわけではなく、

そのお金で、自分なりのリハビリで筋力アップや接骨院に行くなど、

メンテナンスをつづけなければならない。

 

決して交通事故なんて、当事者になってはならないことだが、

万が一にも、そうなってしまったときには出来るだけの知恵をしぼり、

専門家の力を借りて、自分が思う「納得できる着地点」を見つけてほしいと思う。

 

うちの娘は大人の発達障害です。

ここ最近、発達障害カミングアウトが非常に多く聞かれる。

 

その人の特性なのか、本当に脳の機能に問題があるのか、

微妙なものもたくさんあるように思うが。

発達障害という言葉がなかった時代、

こういう人たちをどのように表現していたのか、今になってみると

もう思い出せないほどだ。

 

精神保健をちょっとだけかじった私がみたところ、

我が家の娘も発達障害だと思う。

病院に行ってきちんとみてもらったわけでもないし、

専門家に判断してもらったわけでもない。

 

・毎日食事のあとのかたづけをするのに、決まった場所にお皿がかたづけられない。

・家族共有で使う、たとえば洗剤・トイレットペーパーがなくなっても、

 なくなったとも言わないし、言わないと困ると伝えても次も同じように黙っている。

・一度決めたルーティン、たとえば月曜日はお風呂掃除担当とかをいつのまにか、

 勝手にやめてしまう。

・自分の大切な決まりごとも、面倒なことは自分の判断で決められない。

・言葉の向こう側を察することができない。

・○○やっといてね。というと「はぁ」と返事だけしてやらない。

・何度も同じ失敗をする。

 

こう書いてしまうと、それで発達障害?と思う人もいるかもしれないが、

ささいな日常の中、気づくことが多すぎてどうしようもない。

 

子どものころはさして問題がある子ではなく、

なんでもうまくできるタイプだった。

ただ、英語とスイミングだけはどうやっても身につかず、

逆に音楽は飛びぬけてよくできる子だった。

だけどそんな子はたくさんいて別に気にはならなかった。

 

どのあたりからなんだろう?

 

あれ?と思ったのは・・・。

 

高校もまあまあのところに行ったし、

大学も進学した。

たぶんちゃんと通っているし、

バイトもしている。

 

高校卒業前くらいから、

喜怒哀楽がよくわからないし、

なにか響かない子だなあと思うようになった。

 

このまま社会に出たらどうなるのだろうか。

 

決まったルーティンができない。

失敗を謝らないし、失敗したことすらそのままにしたり、

大切なことのホウレンソウができない。

言葉の向こう側や、相手の感情を察することができない。

 

完全に社会人としては失格だ。

 

残念ながら、どんなに教えても注意しても直らない。

ただ、バイトは続いているからそういう部分が欠けていても

できる仕事はあるのかもしれない。

 

本人が、何かができないからつらいという気持ちがあるのならば

改善の手助けはできそうに思えるが、

自覚がないのが、我が家の発達障害さんの困ったところである。

 

おっけーバブリー!! バブルの時代の就職活動話

何の役にも立たない駄文である。

就職活動中の方が、何か知りたくてここに来たのなら、

ごめんなさい。

 

よくあるバブルの時代の、こんな感じだったよ。という思い出話。

若干就職活動の際の、会社VS学生の話も最後にあるので、

よければそこだけでも。

 

私はまさにバブルの時代に大学卒業と就職を経験した年代である。

そのころは、青田買いなんて言う言葉は当たり前。

大卒は女子でも4年大学を卒業していると引く手あまただった。

 

とはいえ私は、有名大学卒業ではなく、

関西地方の人にしか知られていない程度の中堅かややその下あたりのレベルの

4年大学を卒業した。

学部も、なーんのスキルもつかないようなあの当時よくあった国際系。

せめて役立つ中国語とか英語とかを身につけていれば

就職に役立ちそうなものだが、残念ながら英語はからっきしだめ。

学んだのは東南アジア系の言語で、それも本当に簡単な日常会話レベル。

 

それでも男女雇用平等均等法だので、求人はいっぱい学校に届いていた。

言語もだめ、勉強もたいしたことないのに、なぜかそのころは強気で

有名どころのシステムエンジニアに応募してみたり、

外食産業の会社に乗り込んでみたりといろんなところに無謀にも頭をつっこんだ。

 

結果としては、全国的にもまあ知られている地方百貨店の内定をとりつけたが、

このレベルの私でも、内定ではなく内々定という早めの抑えみたいなので

会社がとってくれた。

 

本社に呼び出され、何かと思ったら内々定

その足で、ちょっとお高いステーキのお店に直行。

お偉い方々と一緒にお食事をする。というコースが待っていた。

 

いまどきの大学生、内定もらってステーキなんてありえんでしょ。

 

だってステーキくらいたいしたことなくて、

リゾートに連れて行かれて(まあ囲い込まれてほかの会社にいけないようにされて)

接待をうけたりするなんて、珍しくない時代ですもの。

 

ただ、今みたいに、真っ黒いスーツでみーんな同じに見えるような

就職活動ではなくて、スーツの色もいろいろ。

テレビ局の試験をうけにいくと、派手派でしくも女子アナ狙いとわかるような

きれいな同級生がいっぱいいたり。

就職活動も華やかかかりし時代だった。

 

話は戻るが、某百貨店の内定までには実はいろんなトラップがしかけられており、

それをクリアしての内定だったことは憶測だが間違いない。

 

トラップ1 わざと違う時間を指定して先輩との約束をとりつけてあった。

 14時にといわれたはずなのに、実は先輩は13時に来ていて、待ち合わせ場所には

 もういない。というトラップがあった。

 たぶん、トラブルがあったときにどう対処するかが見られていたのだと・・・。

 結果としてはあわてて会社に行き、(当時は携帯とかメールとかなかった)

 お詫びを伝え、言い訳はせず自分が間違ったのではないかと伝えた。

 きっと正解だったのだと思う。

 

トラップ2 突然お盆に本社(新幹線で行く距離)に呼び出された。

 休みだのなんだの関係ない業界なので、お盆でもすぐに対応するかどうかを

 試されたのであろうと思う。

 もちろん、四の五の言わずお盆に行きましたよ。

 この場で内々定となりました。

 

こういう会社としても少し学生をキツイ目に(?)あわせつつも

会社としてこの学生が対応力があるのかを見極めることはしていたのだと思う。

誰でもよかったわけではないし、やっぱり無理だとやめられてもこまるし。

 

楽して簡単に就職を手にしたわけじゃない。

けれど、企業としても人手はほしい。なるべくいい人材がほしい。

そういう駆け引きはありつつ、それに対応できる力があるものだけが、

やはりバブルの恩恵をうけたのかもしれないと、いまさら感じるお話。

小泉今日子 という生き方

小泉今日子さんのさまざまな略歴や、

いま話題となっていることの内容は誰もがご存知だろうから省略する。

 

今回のことを、

 

小泉今日子らしい。

さすがキョンキョン

いさぎいい。

なんか覚悟が感じられる。

カッコいい。

 

と持ち上げる方向に若干シフトしつつあるように思う。

 

やったことが正しいとか正しくないとか、

そんなことは人それぞれ感じ方の違いもあるだろう。

 

しかし、なんとなくマスコミ報道やネットの方向性が

いつしか同じ方向に誘導されて、

それが一番の正論 あるいは多数派というふうにもって行かれるのが

とてもいやだ。

 

それはたしかに、小泉今日子という人間の生き方であることは間違いないが、

それを論じる人は必要ないし、

どこかに着地点をきめなければならないことでもない。

 

夫のある人と恋愛することは

非難されることであろうし、法律上は加害者側となる。

しかし、多くの人間の中には、あっち側になる人、こっち側になる人が必ずいて、

小泉今日子ただひとりがその立場にいるわけじゃない。

 

同じような境遇にいる人がすべて

小泉今日子と同じではないし、

全員が全員違って当たり前。

 

なのに、なるほど小泉今日子は正論。

なんとなく理解できる的な着地点をつくろうとするのはおかしくないか。

 

という話である。

 

つかわれない機能と的外れな論争

ドラム式洗濯機に小さな子供が閉じ込められて亡くなってしまう。

いたましい事故がまた起きてしまった。

 

洗濯機に入り? 5歳児窒息死 (ホウドウキョク) - Yahoo!ニュース

 

チャイルドロック使われず ドラム式洗濯機で5歳児死亡 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 

チャイルドロック機能がついていたにもかかわらず、使っていなかった。

 

子供はこういった穴倉のようなところに興味を持つ。

もしかして親がみているときに、洗濯機に近寄ったことはないかもしれないが、

そういった危険性をしっかりと考えた上でメーカーはチャイルドロック機能を

装備している。

大人や危険がわかる年代にはまったく必要もない機能だ。

 

なぜ、使わない?

 

こういう事故があると、購入するときに店で説明を受けなかった。

などという的外れな論争がはじまる。

 

子供を危険から守るのは誰の役目?

 

そもそも、ほんの数年前に同じような事故があり、

同年代の子供がいるのであれば、危険があるのではと当然考えるべき。

 

洗濯機だけではない。

自宅の中は危険だらけなのだ。

 

まさか?と思うようなことまで想定しておくのが親の務め。

 

今一度、しっかりと子供の生活している場所を再確認してほしい。

 

貧困家庭・奨学金の問題。心の貧困さというはなし。

最近、貧困により進学したくてもできない子供が多いとか

貧困は貧困を生むとか

奨学金を借りなければ進学できないのは間違っているとか

 

そういう声をよく聞く。

 

www.excite.co.jp

 

この、諏訪原という青年も、記事によると

大学に行くなら多額の奨学金を借りる必要があった。大学を出ても食いっぱぐれないように、緻密に計算をしながら、人生設計しないと路頭に迷ってしまう。

と考えたとある。

 

結果として好きにさせてもらって、奨学金が1千万を超えた。

とも言っている。

 

最初の「緻密に計算しながら人生設計」という部分がいつのまにか

抜け落ちている。

 

お金持ちであれば、計算せず人生設計せず好きに生きてよいということではない。

 

お金があろうと、なかろうと、人生設計をして計算して生きていく。

そのことは必要である。

 

親が十分な学費が払える経済力がなければ、

自分で考え、親と相談し、どこかで道を模索して、

できること、できないことを精査して生きていくのが正しいのであって、

親が好きなだけお金をだしてくれないから、

今、奨学金を背負って大変です。

というのはあまりにも身勝手である。

 

極端な話をすれば

医者になりたいと子供が言うが、親はそれほどの学費を出す財力はない。

じゃああきらめるしかないか。

 

あきらめず親と相談し、バイトをし、奨学金を借りながら夢を実現するか。

医者は無理でも医療に携わる仕事につけるよう経済力と相談しながら生きるか。

 

それを選択することが人生の選択ではないのだろうか。

お金がない。医者になりたい。なれないのはお金がない親のせい。

裕福ではない家庭の子供は好きに学ばせてくれないのは国のせい。

 

なんでもかんでも国のせいだ。

 

そういわれて、えー。そうなのかなとグズグズと人気取りのために

がんばりもしない、人のせいにしかしない一部の人間のためにまで

お金をつかう政府も政府だ。

 

がんばっている人にはもちろん、それだけの支援をしてもらいたい。

 

けれど、がんばらないけど大学にはいきたい。

お金はないけど自分でどうするかあんまり考えてないよ。

だけど、国が何とかしてよ。

見たいな人に、そこまでするほど、この国は優しい(ぬるい)のか。

 

身の丈にあった

 

ということばがある。

国民みんなが裕福な国なんてあるわけもなく、

格差があることはあたりまえなのに、

格差があるのはおかしい。

とたいした努力もしないままに、

声高々と恥ずかしげもなく言える、その心が貧困なのではないか。

 

まず裕福にすべきは、その心である。

 

発達障害が引き起こす人生の苦難にあわないため、小さな芽に気づく。

仕事の関係で、

発達障害のある子供たちとすごすことが多い。

 

具体的には、特別支援学級にいる子供たちや、

それに順ずる支援を受けている子供たちである。

 

実は今年になってから、仕事とは関係なく、

統合失調症を中心とする方々の施設でかなりの時間をすごすこととなった。

 

病院ではなく、いわゆる就労施設なので、

そこまで自力で来れている人であり、

状態は非常に悪いわけではない。

 

年齢は、10代~60代までで、

経歴もさまざまだが、話を聞いてみると

驚くほど高学歴の人が多く、大学生までは普通に過ごしてきた人がいたり、

その一方で、小学校や中学校のときにいじめにあって、

それから精神障害を発症しはじめたという人も多かった。

いじめにあった理由についてもたずねてみたが、

俗に言う「きまじめ」でそのために「要領よく立ち回れない」

という人が多い。

 

きまじめさの根本に発達障害によるものがある場合も多いようだった。

学術的なことや医学的なことはプロではないが、

小学校・中学校などの時期に精神障害の芽があるということは

珍しくはないのに、この時期にうまく対応してあげられなかったことが

そこから何十年も続く人生の中で、ずっとそのやっかいな精神障害

つきあわなくてはならないということが多いようだ。

 

大人の発達障害という言葉が最近はやりで、

発達障害」というワードをつければテレビの視聴率も上がり、

本もバカ売れするらしい。

 

最近テレビで

「その人が発達障害だとわかっていれば周りの人も対応が違っていただろう」

というコメントをしている司会者がいたが、

周りの、それも家族やそれと同等の人以外に

「わたし、発達障害なんですよ。」

という人がいるのだろうかと疑問を感じた。

 

発達障害かも。と思っても本人には聞けないのが現実だし、

その人について、だれかに「あの人発達障害じゃない?」なんていえるわけもない。

 

ワードだけが先に駆け足で走って行ってしまっている状態なのだ。

 

子供のうちから、もしかしてというときに、

学校・家庭などがしっかりと対応できるようになっていれば、

大人になって社会にでてから、あるいは結婚してから苦しむ人は減るだろうし、

さらには、そのためにうけたいじめが原因で、

うつ病やそれ以外の精神疾患になる人はきっと減るはずである。

 

まさかうちの子供がと親は思うだろうし、

私もきっとそう思うだろう。

 

けれど、あれ?と思ったときにしっかりとケアできる社会が育つことが

きっと日本の精神障害者を減らす一番の方法だと思う。

 

現在、政府は精神障害者を病院に長期間閉じ込めるのではなく、

社会の中でともに暮らすようにしましょう。という方向を打ち出している。

 

しかしそれは、長期入院している患者や地域にいる大人の患者を

中心としたもので、子供たちはあまり対象とはされていない。

 

理想論を言うのは簡単であるが、

これまで何百年も続いてきた精神障害者に対する対応を

ほいほいとよい方向にできるものでもない。

 

小さな芽が一生苦しむものになる前に、

もっとできることからはじめる必要があるのではないだろうか。